確認するべきところ

手すりにもたれている女性

しっかりと眼科で診てもらったら、いよいよカラコンを購入してみましょう。ただしこの際にどんなカラコンを買うべきなのか?あなたが見るべき項目について簡単に説明していきたいと思います。まずひとつめに、高度管理医療機器承認番号をチェックしましょう。これは薬事法という法律により定められてしまうもので、カラコンもそこに該当します。つまり、カラコンを販売する側は絶対に高度管理医療機器販売業許可が必要になるので承認番号を必ず明確にする義務が生じます。もちろん実店舗だけではなくネット通販でも同様なので、承認番号が書いてあるかどうかは必ず見ておきましょう。もし書いてないところを選んでしまったらトラブルの原因につながります。つづいて、ベースカーブ強制度数をチェックすること。ベースカーブというのは眼球の丸みのことを言い、レンズの丸みとズレが生じてしまっているカラコンを選ぶと付け心地に違和感を必ず感じてしまいます。つまりそれが原因でさまざまな目のトラブルを引き起こしてしまうわけです。目安としては大体自分の目のサイズから計算して、プラマイ0.2くらいが良いでしょう。もちろん眼科ではあなたのベストサイズを必ず教えてくれるので聞いておいてください。また通常のコンタクトレンズとカラコンでは度数が同じじゃない場合も結構よくあります。大体眼鏡の方が度数が弱くなるのが一般的です。理由としては眼鏡とコンタクトレンズでは実際の目からの距離が異なるからだと言えるでしょう。その辺も踏まえて眼科の人と相談してみてください。